賢威7 SEO対策効果をチェックレビュー

この記事は賢威7テンプレートを利用する事で実際に「賢威7 SEO対策 効果」という狙いキーワードにおいて、被リンクに頼らずコンテンツの質のみで検索エンジンから集客が可能かどうか?についてチェックします

賢威7を利用する事でSEOの効果があるのか?

もし、あなたが上記のような目的を満たすための検索キーワードで、ここにたどり着いたとしたら、すでSEO効果はある!という事で目的は達成しているといえます

 

ただ、SEO対策というのは所説いろいろな考え方、また検索順位ランキング決定要素は数百もあるため、テンプレートが良いから順位が上がるという訳ではないです。それを踏まえて、賢威7がSEO優れているのかについて検証レビューをしていきます

賢威7はHTML5宣言のテンプレートである

まず、従来の賢威シリーズ6までと、賢威7において切り離して考えなければいけないのが、そもそものベースとなるHTML構文が違います。これは単純に、HTML宣言のバージョンが上がった・・とかの問題ではなく、あらゆる点で現在はHTML5環境が優遇されています。わかりやすい例でいえば、Googleが推奨するモバイルユーザビリティのひとつに、ページ表示速度の改善があり、その改善方法として指摘されるスクリプトの遅延読み込みのHTMLタグがあります。

外部スクリプト読み込み順序の例

2番目:<script src="example.js" async></script> ← 読み込める時
4番目:<script src="example.js" defer></script> ← 最後に
5番目:<script src="example.js" defer></script> ← 最後に
3番目:<script src="example.js" async></script> ← 読み込める時 
1番目:本文+コンテンツ

 

スクロールせずに見えるコンテンツのJavaScript/CSS を排除する

 

これはHTML5環境でのみ利用できるタグです。   

 

そのHTML5から正式に導入されている構造要素としてといった、見出しタイトルと本文のブロックを明確に構造上で分けて認識させる事や、見出しごとにといった、明確なブロックの区切りを利用する事で、検索エンジンクローラーに対し、よりコンテンツ内のテキストの重要度を正確に伝える事が可能です

 

賢威7のHTMLテンプレートは、国産のテンプレートで初めてそのサンプル形式をわかりやすく形成されているため、ひな型のHTML構造を変える事なく、テキスト部位を置き換えて利用する事でそのポテンシャルを発揮できる仕組みになっています。
残念ながらワードプレス版では、それぞれのタグの意味を理解した上で、コンテンツ内で適切に利用する必要があります。

表示速度によるユーザービリティの向上

現在のSEO対策の重要な項目に、閲覧するユーザーに対し、ページが表示されるまでの時間がかかる事はユーザービリティ対策ができていない、逆に読み込みが早ければ早いほど、ページのプラス評価になります。その際に重要となるのが、画像の読み込みです

 

従来のテンプレートは見た目をよくするために、プロデザインの綺麗なバナーや素材を使ったヘッダー画像や見出しにも画像を多用していましたが、現在では、それた単なる読み込み速度を遅延させる要素でしかありません

 

そこで、2つの対策があります

 

  1. 画像をキャッシュして読み込み速度を上げる
  2. 画像を使わないでCSSのみで構成する

 

画像をキャッシュする、というのは、表示されたページに読み込まれた画像の状態を一時的に保存し、次回読み込む手間を省く事で劇的にページ速度を上げるというもので、具体的な効果があるのは、コンテンツ内で読み込まれる写真や画像などを考慮されていたもので、ページ読み込み速度がランキング要素として判断された初期には使えた手法ですが・・、この画像キャッシュがあだになるのがレスポンシブWEBデザインです

 

PCサイズでキャッシュされた画像がスマートフォンレイアウトで表示されるとどうなるか・・といった、表示速度を上げるためのキャッシュが、キャッシュのタイミングによって、大きな問題を起こしてしまう事が多々起きはじめました

 

そして何より、画像キャッシュを使うためには、それなりのサーバー環境のスペックが必要であるという問題もあります。Googleが推奨するmodpagespeedという画像・スクリプト・HTMLをキャッシュし、CSSを適正、圧縮して、読込速度を上げる仕組みも、上記の問題から賢威サイドでも6シリーズの頃は利用を非推奨となっていました

 

その点、賢威7は画像を使わずにCSSのみで見出しパーツやレイアウトなど構成すると、もともとの画像を読み込む必要もなく、またキャッシュのリスクを背負う事もないので、非常に合理的かつシンプルにユーザービリティを維持、そしてSEO対策にもなっています

 

賢威7で唯一デフォルトでセットされている全画面表示になるヘッダー画像も使わないほうが当然表示速度は早くなるため、利用するかどうかは考え物です。

賢威7 SEO対策効果をチェックレビュー関連エントリー

賢威って何?
SEO対策テンプレートで有名な賢威について、その歴史から現在に至るまでの流れを経験から
賢威を買うと4つのお得がついてくる!
賢威を購入するとSEOマニュアルとHTMLテンプレートとWPテーマの3つ+アルファ様々なユーザー特典を手に入れる事ができます

ページの先頭へ