トコジラミ対策 家庭でできる退治法

トコジラミ対策 家庭でできる退治法

トコジラミとは?

トコジラミとは、きゅうけつ性の着生昆虫です。虱とめいめいされているが、虱目ではなく、カメムシ目の昆虫で、敵勢を寄せ付けないために異臭匂いを放つのが特性。またの名、トコジラミ(なんきんむし)とも呼ばれています。大きくなると体長は8〜10mm程度になり、目視で確認ができるようになる。さなぎも成虫と変わらず、外面は、きゅうけつ前でも赤褐色です。

 

  • キーワード :トコジラミ,吸血性,寄生昆虫,タイワントコジラミ,ネッタイナンキンムシ,南京虫,赤褐色

症状

トコジラミ,吸血性,寄生昆虫,タイワントコジラミ,ネッタイナンキンムシ,南京虫,赤褐色,

 

幼虫、成虫とも人から激しく吸血します。吸血には幼虫で3分、成虫で10分程度の時間をかけて体重の5倍前後もの量を摂取します。俗に、刺されると肌に2つの赤い痕跡(刺し口)が残ると言われています。かゆみは刺された当日よりも2日目以降の方が強く、夜間の睡眠がとれないほどの痒みに襲われる事もあります。刺咬されるとひどい痒痛を感じ、敏感な人はジンマシンの様に腫れたり、リンパ腺炎を起こして発熱します。刺咬の痕は1ないし2週間以上消えない事もあります。

更新履歴