青色申告承認申請書

被相続人が営んでいた事業を承継して青色申告する相続人は、提出期限までに青色申告承認申請書を提出しなければなりません。ただし、相続人が相続開始以前から青色申告をしている場合には、改めて申請書を提出する必要はありません。

青色申告の特典のうち主な物

青色申告には、幾つか特典がありますが、その中でも主な物について

 

  • 青色申告特別控除(10万円、65万円)
  • 青色事業専従者給与の必要経費算入。青色申告者の事業に専業する生計を同一にする親族に対する給与を、必要経費に参入することができます。
  • 純損失の繰越控除。前年以前3年間の純損失を繰越控除することができます。

消費税についての届出

課税事業者や簡易課税制度の適用を受ける人が提出しなければいけ無い届出書の提出期限は、原則として、適用を受けようとする年の前年末日です。

 

ただし、相続人が費相続人から事業承継した事によって始めた事業を開始する場合には、事業を開始したと思(相続開始の都市)の12月31日までに「課税事業者選択届出書」または「簡易課税制度選択届出書」を提出すれば、その年から適用が受けられます。

青色申告承認申請書関連ページ

相続のスケジュール
相続発生から深刻・納税までの流れを、申告書などの期限
所得税の準確定申告
準確定申告書、医療費控除の手引きや明細書の資料は税務署で入手できる
準確定申告書に添付する付表
相続人全員の連署が必要となります
相続財産の範囲
被相続人名義でなくても名義預金や名義株のように実質的な被相続人の財産も含む
相続税の申告書と総額
納税額は規定に従って、きちんと計算しましょう。

ページの先頭へ