相続のスケジュール

相続は、被相続人の死亡した日から発生します。書類の期限に遅れ無いよう、早めに手続きをしましょう。

 

  1. 死亡届は、死亡診断書または死亡懸案書を添付して、死亡日から7日以内に敷く町村村役場等をへ提出します。
  2.  

  3. 遺言書があれば、家庭裁判所で兼任(公正証書遺言は不要)を受け、その後開封します。
  4.  

  5. 相続人の角に(被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄本を取る)をします。相続人の中に未成年者がいる場合は、家庭裁判所に特別代理人の申請をします。
  6.  

  7. 財産と債務の概要を把握し、相続するか、限定承認するか、或いは放棄するかを、原則として3ヶ月以内に決めマス。3ヶ月で財産・債務の把握ができ無い場合には、期限の延長を申請をすることもできます
  8.  

  9. 被相続人に確定申告義務がある場合には、被相続人が死亡した年の1月1日から死亡日までの確定申告を相続人が済ませます。なお、1月1日から3月15日の間になくなった場合の前年の確定申告及び準確定申告の提出期限は、共になくなった日から4ヶ月以内です。
  10.  

  11. 相続人の青色申告承認申請書の提出をします。期限は、死亡日が1月1日から8月31日の場合、死亡日から4ヶ月以内、9月1日から10月31日の場合は12月31日まで、11月1日から12月31日の場合は、2月15日までです。
  12.  

  13. 相続人の消費税の届出書を提出します。(原則として死亡の年内に行います。
  14.  

  15. 遺産分割協議書を作成します。相続開始の日から10ヶ月以内に遺産分割が終わら無いときは、一旦法定相続分で相続したものとして申告します。ただし、2分割の場合、原則として配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例などは受けられません。
  16.  

  17. 被相続人の死亡時の住所地を所轄する税務署に、相続税の申告、納税をします。延納や物納の申請をする場合は、申告と同時に行います。

相続のスケジュール関連ページ

所得税の準確定申告
準確定申告書、医療費控除の手引きや明細書の資料は税務署で入手できる
準確定申告書に添付する付表
相続人全員の連署が必要となります
青色申告承認申請書
事業承継しても、青色申告は相続によって引き継ぐことができません。
相続財産の範囲
被相続人名義でなくても名義預金や名義株のように実質的な被相続人の財産も含む
相続税の申告書と総額
納税額は規定に従って、きちんと計算しましょう。

ページの先頭へ