相続税に関する手続き記事一覧

相続のスケジュール

相続は、被相続人の死亡した日から発生します。書類の期限に遅れ無いよう、早めに手続きをしましょう。死亡届は、死亡診断書または死亡懸案書を添付して、死亡日から7日以内に敷く町村村役場等をへ提出します。遺言書があれば、家庭裁判所で兼任(公正証書遺言は不要)を受け、その後開封します。相続人の角に(被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄本を取る)をします。相続人の中に未成年者がいる場合は、家庭裁判所に特別代理人...

所得税の準確定申告

個人が自営業者などの場合は、亡くなった日から4ヶ月以内に相続人が1月1日から個人の死亡日までの所得を計算して税務署に確定申告します(準確定申告)相続人が複数なら、原則連盟でいっつーの準確定申告書提出します。故人の所得税は、相続人が負担しますが、相続人が複数いる場合は、相続分により按分して計算した額を各相続人が納めます。準確定申告の時点で、相続分が未確定の場合、法定相続分により按分した税額を各相続人...

準確定申告書に添付する付表

被相続人(故人)の準確定申告書を提出する際には、原則として、相続人全員の連署による「所得税の確定申告書付表を(兼相続人の代表者指定届出書)」を添付することになります。準確定申告書の提出時にはこの連署が無い場合には、各相続の別々に申告書を提出しなければならず、さらに、他の相続人へ向けて、その申告書の記載内容を直ちに通知しなければなりません。淳確定申告により税金の還付を受けるケースで、相続人代表が還付...

青色申告承認申請書

被相続人が営んでいた事業を承継して青色申告する相続人は、提出期限までに青色申告承認申請書を提出しなければなりません。ただし、相続人が相続開始以前から青色申告をしている場合には、改めて申請書を提出する必要はありません。

相続財産の範囲

民法上の相続財産相続や寄贈により取得した財産で、金銭で見積もることができる経済的価値のあるすべての物を指します。例えば、土地、建物、借地権、現預金、有価証券(上場株式、自社株を含むに上場株式、公社債、投資信託など)貸付金、売掛金、特許権、著作権などです。贈与により相続財産とされるもの相続開始から3年以内に暦年課税制度により、被相続人から贈与された財産相続時精算課税制度に被相続人から贈与された財産み...

相続税の申告書と総額

相続税の申告書類は第1章から第15票まだありますか、第1表は1から15までの枝のすべてを統合する幹に相当します。最終的に各相続人等の相続財産の内容、相続割合に応じた相続税額を記載し、集約したものとなります。相続人が2人以上の場合は、第1表(続)の組織を使用して相続人全員分について申告書を作成します。各相続人が実際に納める相続税額は、相続税の総額を、実際にもらった相続財産の割合に応じて各人に割り振っ...

ページの先頭へ