債務者変更申込書(債務の承継)

住宅ローンには、住宅金融公庫などの公的融資と銀行などの民間融資があります。そのいずれかで住宅資金を借りて家を建てたり、マンションを購入したりすれば、当然融資ローンの支払いが発生します。そのローン契約の名義人が死亡した時には、どうなるのでしょうか。

 

銀行ローンのような債務も相続財産の中に含まれます。ただし、債務に関しては相続の放棄や限定相続ができるので、ローンが完済してい無い物件について、相続人がその所有を放棄するのであれば、限定相続の手続きをすれば債務はなくなります。結果、その物件は抵当権が実行されて競売にかけられ、遺族は受け渡すことになります。しかし、被相続人の遺族が現在居住している住宅やマンションを手放すする状況に無いとすれば、銀行ローンの債務の返済を承継していかなければなりません。

 

通常、銀行の住宅ローン融資の場合、ローン契約と同時に団体信用生命保険に加入していることが大半です。団体信用生命保険は、ローン契約者が銀行などを保険金の受け取り人として契約を結ぶもので、万一、ローンの返済途中で借り主が死亡した時に銀行や不動産会社の貸倒の損失を補う目的があります。融資の契約者が死亡しても、ローンの残金は保険会社から支払われるため、遺族は返済をしなくても済むという仕組みになっているのです。つまりは銀行だけでなく、遺族にとってもありがたい保険というます。

 

この団体信用生命保険に加入してい無い場合には、ローンの返済義務は相続人に引き継がれるので、継続して居住する場合には、ローン契約の債務者の名義変更等が必要となるので、当該金融機関に確認するのが良いでしょう。

債務者変更に必要なもの

  • 債務引受契約書
  • 被相続人の除籍謄本
  • 相続人の戸籍謄本
  • 印鑑証明書

債務者変更申込書(債務の承継)関連ページ

預貯金口座の相続・解約
預貯金口座からの引き落としには手続きが必要。すぐに相続手続きをしましょう。
公共料金の名義変更(電気・ガス・水道・電話)
身近な事はつい後回しになりがち。手続きはいたって簡単です。
保険契約者の名義変更
保険契約者がなくなった場合は、解約か目に変更が必要です
賃貸住宅の名義変更
住み続けるのであれば、手続きは省略されることが多いでしょう
借地権・借家権の相続
被相続人同居していなくても借地権・借家権は相続できます。
自動車・船舶などの名義変更
購入先のディーラーなどに手続きを依頼すると便利です
会員権の名義変更(ゴルフ・リゾートなど)
遺産分割協議をしてから代表相続人が譲渡人になります。
知的財産承継の承認申請書(著作権・特許)
特許、商標権、実用新案権なども相続できます。
株式名義の書換請求書(株式の名義変更)
名義変更を忘れると配当金を受けられません。
不動産の所有権移転登記
財産相続の中で、最もトラブルが多い分野です

ページの先頭へ