株式名義の書換請求書(株式の名義変更)

相続や遺贈によって株式を取得したら、名義変更する必要が出てきます。名義変更し無いと、配当金や新株の割り当てが受けられ無いことになります。売買による株主の名義変更の場合、株主総会前にはでき無いことや、譲渡そのものを制限していることもありますが、相続ではそのような制限はありません。

 

株式の名義書換手続きは、株式を所有している会社やその会社の株式業務を担当している。投資信託銀行や証券会社に連絡をとります。「名義書換請求書」に必要事項を記入し、必要書類を添えて提出します。

 

ただ、証券保管振替制度を利用している場合には名義変更の手続きは必要ありません。証券保管振替制度というのは、証券会社が株主の同意のもとに株券を証券保管振替機構に預託するもので、株券を自分の名義にすることなく株主になっているからです。

 

転換社債や国債などで、無記名式出発行されているものは名義変更の手続きは必要はありませんが、登録債になっている場合や証券会社の保管になっている場合には名義変更の必要が出てきます。株式同様、会社や証券会社に連絡を取って手続きを行います。

株式・債権の名義書換に必要なもの

  • 株式名義書換請求書
  • 遺産分割協議書
  • 被相続人の除籍謄本
  • 相続人の戸籍謄本及び印鑑証明書
  • 遺贈の場合は遺言書と遺言執行者の印鑑証明書

株式名義の書換請求書(株式の名義変更)関連ページ

預貯金口座の相続・解約
預貯金口座からの引き落としには手続きが必要。すぐに相続手続きをしましょう。
公共料金の名義変更(電気・ガス・水道・電話)
身近な事はつい後回しになりがち。手続きはいたって簡単です。
保険契約者の名義変更
保険契約者がなくなった場合は、解約か目に変更が必要です
賃貸住宅の名義変更
住み続けるのであれば、手続きは省略されることが多いでしょう
借地権・借家権の相続
被相続人同居していなくても借地権・借家権は相続できます。
自動車・船舶などの名義変更
購入先のディーラーなどに手続きを依頼すると便利です
会員権の名義変更(ゴルフ・リゾートなど)
遺産分割協議をしてから代表相続人が譲渡人になります。
知的財産承継の承認申請書(著作権・特許)
特許、商標権、実用新案権なども相続できます。
不動産の所有権移転登記
財産相続の中で、最もトラブルが多い分野です
債務者変更申込書(債務の承継)
住宅ローンなどは、団体信用生命保険に加入していれば返済の必要はありません

ページの先頭へ