相続決定後の名義変更記事一覧

預貯金口座の相続・解約

銀行始めとする金融機関は、預貯金者が死亡した事をすると、預金口座からの支払いを止めてしまいます。従って、止められてから預金を引き出すには、預金口座の相続や解約の手続きが必要になります。銀行などの手続きは、各銀行や信用金庫、信用組合などの窓口にある「相続届出書」、または「口座解約依頼書」に必要な事項を書き入れて所定の窓口に提出します。金融機関によって書式や提出書類などが異なるので、事前に確認しておき...

公共料金の名義変更(電気・ガス・水道・電話)

財産の相続だけでなく、家族や親族は故人の名義であった様々な契約に関して、名義の変更を行わなくてはなりません。相続財産であれば、相続の際に所有権の意見を含めた処理ができますが、それ以外の事になるとつい忘れがちなります。その一つが電気・ガス・水道を・電話などの契約名義の変更でしょう。電気・ガス・水道については、所轄の営業所やカスタマーセンターなどに届け出て、契約名義の変更を行うことができます。これは電...

保険契約者の名義変更

生命保険には、大きく分けて「死亡保障」「医療保障」「医療保障」「老後・貯蓄保証」があり、保険会社によって商品の仕組みや保障内容・保険期間が異なります。まず確認するべきことは、契約者がどのタイプの保険に加入しているか把握することです。「医療保障」であっても、死亡保険金が支払われるものが存在しており、契約内容が複雑化しているため、これは大切な事柄です。次に、契約者と被保険者が同一の場合、相続人(受け取...

賃貸住宅の名義変更

入居の際に契約書を交わすとはいえ、基本的には賃貸人と賃借人の信頼関係によって、契約が成り立っているのが実状です。以下の働き手がなくなった場合、賃貸料によっては転居を余儀なくされることもしばしばです。そのまま住み続けるのであれば、世帯主がなくなった事を賃貸人へ報告するだけで済まされることが多く、特別な手続きが行われるケースがほとんど無いようです。月があるとすれば、契約更新時に交わす新たな賃室賃貸契約...

借地権・借家権の相続

不動産の借地権・借家権でも、財産として相続されます。地主・家主に対して、相続による借地権・借家権を相続する旨を通知して、契約書の名義を書き換えてもらいます。仮に、先生がたが書き換えを認め無い場合は、書き変えずにそのままにしておいても、法律上問題はありません。また、書き換えの際に、地主・家主に対して名義書換料を支払ったり、地代の値上げに応じる義務はありません。なお、被相続人と同居してなかった相続人も...

自動車・船舶などの名義変更

次回用の普通自動車も、他の動産・不動産のように相続財産の対象になります。車の名義人が死亡して、その車に乗り続ける場合は、相続人を定めて相続し、所有権を変更しなければいけません。第三者に譲渡したり廃車にする場合でも、一旦相続人への名義変更が必要となります。まずは、遺産分割協議書によってその車の相続人を定め、必要な書類をそろえます。行動走る一般の指導者は、国土交通省の陸軍局に登録されているので、被相続...

知的財産承継の承認申請書(著作権・特許)

特許、商標登録などの工業所有権や、著作や絵画などの制作物に対する著作権など、人間の私的な創造活動から生まれる権利を総称して「知的所有権」といいます。さらに、所有権には、一般的に「ものを自由に使用・収益・処分できる権利」があるという意味を含むことから、知的財産権や無体財産権と思います。知的財産は相続の対象となり、被相続人が特許権、商標権、実用新案権などの知的所有権を持っていた場合には、相続にはその権...

株式名義の書換請求書(株式の名義変更)

相続や遺贈によって株式を取得したら、名義変更する必要が出てきます。名義変更し無いと、配当金や新株の割り当てが受けられ無いことになります。売買による株主の名義変更の場合、株主総会前にはでき無いことや、譲渡そのものを制限していることもありますが、相続ではそのような制限はありません。株式の名義書換手続きは、株式を所有している会社やその会社の株式業務を担当している。投資信託銀行や証券会社に連絡をとります。...

不動産の所有権移転登記

相続人が多くなればなる程遺産の分割や処理の仕方を巡ってもめることが多いので、注意が必要です。相続によって不動産物件を取得した場合には、所有権移転の登記しなければなりません。期限はありませんが、故人の名義では、相続した不動産を担保にして資金を調達したり、不動産を第三者に譲渡することはでき無いので、所有権移転登記が先決です。不動産の相続には遺言による場合遺産分割協議書による場合法定相続による場合この三...

債務者変更申込書(債務の承継)

住宅ローンには、住宅金融公庫などの公的融資と銀行などの民間融資があります。そのいずれかで住宅資金を借りて家を建てたり、マンションを購入したりすれば、当然融資ローンの支払いが発生します。そのローン契約の名義人が死亡した時には、どうなるのでしょうか。銀行ローンのような債務も相続財産の中に含まれます。ただし、債務に関しては相続の放棄や限定相続ができるので、ローンが完済してい無い物件について、相続人がその...

ページの先頭へ