遺言書の検認を受ける

家族の死亡後、その人の遺言書発見した相続人または死亡した遺言書の保管者は、相続の開始地または遺言者の住所地を管轄する家庭裁判所に検認の申し立てをしなければなりません。申し立てをしなかったり、検認を受けずに遺言内容を執行すると、狛江ん以下の過料に処されてしまいます。申立人となる人は、通常、遺言書の発見者または遺言の保管者です。必ずしも相続人と限りません。

検認の申し立てに必要なもの

  • 遺言書検認申立書
  • 申立人の戸籍謄本
  • 遺言書の戸籍謄本または除籍謄本
  • 相続人等目録及び相続人全員の戸籍謄本
  • 受遺者全員の戸籍謄本

遺言書の検認を受ける関連ページ

遺言と遺産分割
遺言書にある意思が、無制限に認められるわけではありません
遺言の種類
書式に不備があると無効ですが、最も手軽で一般的なのが自筆証書遺言です。
遺言書の例(公正証書遺言)
秘密保持のため、推定相続人は公正証書遺言の証人には慣れません
遺言の取り消しと変更・管理方法
新しい融合によって古い日付の遺言が変更されたり、取り消されることがあります。
遺言信託と遺産整理
相続その他で困ったら、信託銀行を利用するのも一つの方法です。
遺言書の扱い
遺言書を見つけても、勝手に開封すると過料に処されます。
遺言の執行
遺言執行者は、遺言者の意志通りに遺言を実行する権限を持っています。
遺言に異議がある場合
調停と心が、選ぶのは申し立て人ですが、親族間の争いは回避したいものです。

ページの先頭へ