遺言の執行

遺言書の意志通りに遺言内容を実現するよ、遺言者が遺言で、遺言執行者を指定したり、第三者に遺言執行者を指定してもらうことができます。

遺言執行者の選任

複数の相続人がいる場合、遺言内容が各相続人の思惑に発していることが少なくないため、相続人愛の第三者に執行の権限を委任して実行することで、必要以上のトラブルを回避できます。遺言執行者はそのために設けられた制度で、法律上一定の職務権限を与えられています。
遺言執行者の選任が必要なのに遺言の中で執行者の指定がない場合は、利害関係人が家庭裁判所に選任の請求をするか、弁護士や税理士に委任して執行することもあります。
遺言執行者は、相続人の代理人でもありますが、遺言内容を忠実に実行する立場ですから、遺言者の代理といっても過言ではありません。場合によっては、相続人を相手に起訴を起こすこともできますし、正当な理由があれば家庭裁判所に関わるて辞任することもできます。そして、利害関係にも、出向者の執行に問題があると判断したら、家庭裁判所へ解任を請求することも可能です。

執行事項

遺言執行者に指定された人は、その色も承諾した場合には遅滞なく遺言内容を執行しなければなりません。具体的には以下のことなどです。

  • 財産目録の作成
  • 遺産の分配、所有権移転登記手続き
  • 子供の認知の届け出や後見人の指定
  • 推定相続人の排除とその取り消し

特に、子供の認知の届け出、推定相続人の排除とその取り消しは、遺言執行者だけが行える行為です。推定相続人は、相続が開始した場合に相続人となりうる人のことです。相続人は自分の利害に反するからといって、遺言執行者の執行妨げてはいけないと法律で決められています。

遺言の執行関連ページ

遺言と遺産分割
遺言書にある意思が、無制限に認められるわけではありません
遺言の種類
書式に不備があると無効ですが、最も手軽で一般的なのが自筆証書遺言です。
遺言書の例(公正証書遺言)
秘密保持のため、推定相続人は公正証書遺言の証人には慣れません
遺言の取り消しと変更・管理方法
新しい融合によって古い日付の遺言が変更されたり、取り消されることがあります。
遺言信託と遺産整理
相続その他で困ったら、信託銀行を利用するのも一つの方法です。
遺言書の扱い
遺言書を見つけても、勝手に開封すると過料に処されます。
遺言に異議がある場合
調停と心が、選ぶのは申し立て人ですが、親族間の争いは回避したいものです。
遺言書の検認を受ける
検認を受けても、遺言書の内容までも保証されるわけではありません。

ページの先頭へ