遺言信託と遺産整理

遺言書の保管や遺言の執行を、その他遺言に伴う業務を信託銀行が行うのが遺言信託です。また、相続人と契約の上で行う遺産の整理業務のサービスもあります。信託銀行でパンフレットを手にしてみるか、窓口で聞いてみるといいでしょう。

遺言信託

各信託銀行が、「遺言信託」の名称で取り扱っている遺言信託業務は、財産管理を目的として、信託を設定するという本来の「信託」サービスではありません。遺言書や相続人に変わって、遺言や相続に関する事務作業を請負うサービスを意味しています。信託銀行によって遺言信託の業務に差があります

  • 遺言の作成と保管
  • 遺言の執行
  • 遺産の整理

遺産整理

遺産の配分や相続税の申告、不動産の相続に伴う名義変更などは、複雑で手間のかかる手続きが必要になります。信託銀行は、コンサルティング業務の一環として、再三の評価や相続税の算出の他にも、相続人に税理士を紹介して委任契約を結んでくれることがあります。相続回収者細々とした手続きを代行してくれます。おもなサービスは以下のようです。

  • 相続人の協力を得て、財産目録を作成し、確認された「財産目録」にある財産を税理士が評価する。
  • 作成した財産目録をもとに相続人が話し合って作成する遺産分割協議書へのアドバイス。
  • 遺産分割協議書に基づく預貯金や株式の名義変更、不動産の相続登記などの手続き。
  • 相続税の申告や納付手続き
  • 財産の管理、運用、処分

遺言信託と遺産整理関連ページ

遺言と遺産分割
遺言書にある意思が、無制限に認められるわけではありません
遺言の種類
書式に不備があると無効ですが、最も手軽で一般的なのが自筆証書遺言です。
遺言書の例(公正証書遺言)
秘密保持のため、推定相続人は公正証書遺言の証人には慣れません
遺言の取り消しと変更・管理方法
新しい融合によって古い日付の遺言が変更されたり、取り消されることがあります。
遺言書の扱い
遺言書を見つけても、勝手に開封すると過料に処されます。
遺言の執行
遺言執行者は、遺言者の意志通りに遺言を実行する権限を持っています。
遺言に異議がある場合
調停と心が、選ぶのは申し立て人ですが、親族間の争いは回避したいものです。
遺言書の検認を受ける
検認を受けても、遺言書の内容までも保証されるわけではありません。

ページの先頭へ