公正証書遺言の作成に必要なもの

公正証書遺言の作成には、次の物が必要になります。

  • 遺言者の実印
  • 遺言者の印鑑証明書
  • 戸籍謄本または住民票
  • 不動産を相続する場合には、不動産登記簿謄本及び固定資産税評価証明書
  • 預貯金や有価証券を相続する場合には、通帳や株券のコピー

証人になることができない人

公正証書遺言の決定の一つに2人以上の証人の立ち会いが必要だという事があります。法律では、遺言内容の秘密と公正さの法事のために、証人になれない人を規定しています。

  • 未成年者
  • 法律上を相続の権利があるものとその配偶者、及び直系血族
  • 遺言で財産をもらうものとその配偶者、及び直系血族
  • 公証人の配偶者、4親等内の親族、公証役場の書記・雇人

作成の手数料

公正証書作成の手数料は、遺言で相続する財産の額によって異なります。その目安は、1万円から3000万円以下は3万4000円。5000万円から1億円は5万4000円。それ以上は一定の割合で加算されます。

遺言書の例(公正証書遺言)関連ページ

遺言と遺産分割
遺言書にある意思が、無制限に認められるわけではありません
遺言の種類
書式に不備があると無効ですが、最も手軽で一般的なのが自筆証書遺言です。
遺言の取り消しと変更・管理方法
新しい融合によって古い日付の遺言が変更されたり、取り消されることがあります。
遺言信託と遺産整理
相続その他で困ったら、信託銀行を利用するのも一つの方法です。
遺言書の扱い
遺言書を見つけても、勝手に開封すると過料に処されます。
遺言の執行
遺言執行者は、遺言者の意志通りに遺言を実行する権限を持っています。
遺言に異議がある場合
調停と心が、選ぶのは申し立て人ですが、親族間の争いは回避したいものです。
遺言書の検認を受ける
検認を受けても、遺言書の内容までも保証されるわけではありません。

ページの先頭へ