普通方式遺言

普通方式による遺言は、3種類あります。

 

自筆証書遺言

遺言者が全部を自筆で書く遺言書です。時間と場所を限られず作成することができ、用紙や筆記用具の制約もないので、とても手柄遺言といえます。その反面、書式に不備があると、無効になる場合も多いのが実情です。ワープロやパソコン、代筆などは一切認められていません。

 

全文を自分で書く

筆記用具の制約はありませんが、偽造や改ざんの恐れのある鉛筆書きなどは避けたいところです。手に障害があって他人が介添えをして作成した場合は無効となります。また、夫婦で一緒に書いた共同遺言も禁止されており、テープレコーダーなどへの録音も認められていません。

作成年月日を明記する

自筆で作成した年月日を入れます。年月日でなくても、「何才の誕生日」などのように年月日が特定できるようであれば有効ですが、「何年何月吉日」のような書き方は無効になっています。また、日付スタンプは認められません。複数の遺言書が見つかった場合は、最後の年月日の物が有効とされます。

照明と押印を忘れずに

作成したら署名します。天然のや通称でも有効とされていますが、戸籍上の氏名を記載した方が後後トラブルを回避することができます。押印は認印も有効です。

封筒に入れて封印する

封筒に入れる決まりはありませんが、やはり、偽造防止や秘密保持のためにも封筒に入れ、遺言書に押印した印鑑で封印した方が安心です。

 

公正証書遺言

法律の専門家である公証人が作成し、公証役場に保管されます。書き方の不備により無効となることも改ざんや偽造、紛失などの心配もありません。安全な方法といえますが、費用がかかることや遺言の内容を完全には秘密にできないという欠点があります。

 

公正証書遺言の手順
  1. 遺言者が証人となる二名を決め、公証人役場に行く
  2. 遺言したい内容を公証人に口頭で述べる
  3. 公証人がその内容を筆記する
  4. 公証人が遺言を遺言書と証人に読み上げる
  5. 内容に間違いのないことを確認し、遺言者と証人がそれぞれ署名、押印する
  6. 公証人が署名・押印する
  7. 原本は公証人役場に保管され、遺言者には正本が渡される

 

秘密証書遺言

自分で作成し、封印した遺言書を公証してもらう遺言です。公正証書遺言と違って、内容を公証人にも証人にも知られることはないので機密を保持できる、と、遺言の存在を公的に証明できるというメリットがあります。しかし、自筆証書遺言同様、記載に不備があると、法的に無効になることもあります。

 

秘密証書遺言の手順
  1. 遺言を作成する。秘密証書遺言はワープロや代筆でも良い。ただし、署名は自筆とし押印する
  2. 封筒に入れ、遺言書に押印した印鑑で封印する
  3. 証人二名以上を決め、公証役場に行く
  4. 遺言書を公証人に手渡し、自分の遺言書であることを述べる。代筆な場合は、筆記者の住所と氏名を述べる。
  5. 公証人は日付と遺言者がもし述べた事を封紙に記載する
  6. 遺言者、証人、公証人がそれぞれ封紙に署名・押印する
  7. 遺言書は遺言者本人が保管する。公証役場保管しない

特別方式遺言

特別方式による遺言は、止むを得ない事情により、普通方式で遺言が残せないときに例外的に認められるもので、一般危急時遺言、難船危急時遺言、一般隔絶時遺言、船舶隔絶時遺言があります。遺言者が平静状態に戻り、普通方式の遺言を作成できる状態になったときから6ヶ月を過ぎて生存していた場合には、効力がなくなります。

遺言の種類関連ページ

遺言と遺産分割
遺言書にある意思が、無制限に認められるわけではありません
遺言書の例(公正証書遺言)
秘密保持のため、推定相続人は公正証書遺言の証人には慣れません
遺言の取り消しと変更・管理方法
新しい融合によって古い日付の遺言が変更されたり、取り消されることがあります。
遺言信託と遺産整理
相続その他で困ったら、信託銀行を利用するのも一つの方法です。
遺言書の扱い
遺言書を見つけても、勝手に開封すると過料に処されます。
遺言の執行
遺言執行者は、遺言者の意志通りに遺言を実行する権限を持っています。
遺言に異議がある場合
調停と心が、選ぶのは申し立て人ですが、親族間の争いは回避したいものです。
遺言書の検認を受ける
検認を受けても、遺言書の内容までも保証されるわけではありません。

ページの先頭へ