遺言に関する手続き記事一覧

遺言と遺産分割

遺言(法律用語として「イコン」と呼ぶこともあります)は、亡くなった人が生前の最後の石として、死後にそれを実現しようとして残すものです。生前であれば、個人が蓄えた財産は自由に使うことができるように、死後も遺言による意思の行使が尊重されなければなりません。 ただし、その意思が100%反映されるわけではありません。例えば、自分の死後に、夫婦仲が良くなかった配偶者には遺産を残さず、他人に遺産の全額を相続さ...

遺言の種類

普通方式による遺言は、3種類あります。自筆証書遺言遺言者が全部を自筆で書く遺言書です。時間と場所を限られず作成することができ、用紙や筆記用具の制約もないので、とても手柄遺言といえます。その反面、書式に不備があると、無効になる場合も多いのが実情です。ワープロやパソコン、代筆などは一切認められていません。全文を自分で書く筆記用具の制約はありませんが、偽造や改ざんの恐れのある鉛筆書きなどは避けたいところ...

遺言書の例(公正証書遺言)

公正証書遺言の作成には、次の物が必要になります。遺言者の実印遺言者の印鑑証明書戸籍謄本または住民票不動産を相続する場合には、不動産登記簿謄本及び固定資産税評価証明書預貯金や有価証券を相続する場合には、通帳や株券のコピー

遺言の取り消しと変更・管理方法

作成した遺言は、いつでも自由に取り消したり、変更したりすることができます。ただし、「遺言の方式にしたがって」ともありますので、法律上有効な方法でなければ無効です。また、遺言書内の財産を遺言者が生前に処分することにより、その遺言に取り消しは変更のホールが生じます。

遺言信託と遺産整理

遺言書の保管や遺言の執行を、その他遺言に伴う業務を信託銀行が行うのが遺言信託です。また、相続人と契約の上で行う遺産の整理業務のサービスもあります。信託銀行でパンフレットを手にしてみるか、窓口で聞いてみるといいでしょう。

遺言書の扱い

遺言書が見付かったら、たとえ第三者の立ち会いがあっても開封したりしてはいけません。遺言書の保管を故人から委任された人も、家庭裁判所に遺言書を提出して「検認」の手続きを受けなければならないことになっています。「検認」とは、遺言書の存在を関係者に知らしめ、内容を確認するため手続きです。これによって遺言書の偽造を防ぐことができます。検認には相続人またはその代理人立ち会いが必要です。しかし、検認を受けだか...

遺言の執行

遺言書の意志通りに遺言内容を実現するよ、遺言者が遺言で、遺言執行者を指定したり、第三者に遺言執行者を指定してもらうことができます。

遺言書の検認を受ける

家族の死亡後、その人の遺言書発見した相続人または死亡した遺言書の保管者は、相続の開始地または遺言者の住所地を管轄する家庭裁判所に検認の申し立てをしなければなりません。申し立てをしなかったり、検認を受けずに遺言内容を執行すると、狛江ん以下の過料に処されてしまいます。申立人となる人は、通常、遺言書の発見者または遺言の保管者です。必ずしも相続人と限りません。

ページの先頭へ