寡婦年金を受給する

 国民年金第1号被保険者である夫が死亡した場合に、18才未満の子供のいない妻(この場合は内縁関係も含まれる)へ、60才から65歳になるまで支給されるのが「寡婦年金」です。支給される金額は、夫が受けられたであろう老齢基礎年金の額の4分の3です。

寡婦年金受給の条件

第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)である夫の保険料納付済み期間と保険料免除期間との加算が25年以上ある場合に、その死亡時に生計を維持されていて10年以上婚姻関係がある妻に支給されます。死亡した夫が障害基礎年金、或いは老齢基礎年金をすでに受給していた時、或いは受給権者だった時には支給されません。保険料納付期間が25年未満だった場合には死亡一時金が支給されます。

受給権を失うのは

妻が65歳になり、妻自身の老齢基礎年金を受けられるようになると、寡婦年金の給付は打ち切られます。妻が65才毎に繰り上げ支給を受ける場合、或いは再婚をした場合も給付終了となります。

請求の仕方

請求人の住所地の市区町村役場5年以内に請求します。

 

寡婦年金の請求に必要なもの

  • 死亡した人と請求者の年金手帳
  • 戸籍謄本(除籍の記載のあるもの)
  • 住民票を(除籍の記載があるもの)
  • 死亡した事実を明らかにできる書類
  • 預貯金通帳(年金振込)
  • 印鑑

死亡の原因が第三者のコウイにより発生したものである場合は、「第三者行為事故状況届」が必要となる。請求する人が内縁関係の妻だった場合は、その事実を証明できる書類が必要となる。

寡婦年金を受給する関連ページ

遺族が受給できる給付金
年金の被保険者・受給者が死亡した時の遺族給付金の種類・金額は様々です
年金受給権者が死亡したとき
年金受給中または待機中の人の死亡時は、未来給付年金請求書と年金受給権者死亡届を提出
遺族厚生年金を受給する
遺族厚生年金は、厚生年金被保険者及び受給権者の遺族が受ける物です
遺族基礎年金を受給する
遺族基礎年金は、国民年金第1号被保険者の遺族が受け取るものです。
死亡一時金を受給する
国民年金第1号被保険者で3年以上保険料を納め、受給せずに死亡した人の遺族が対象。

ページの先頭へ