遺族基礎年金を受給する

国民年金のみに加入していた人(国民年金第1号被保険者)の死亡時、本にまたは遺族の条件によって遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のいずれかを受け取ることができます。遺族基礎年金は、老齢基礎年金をすでに受けていた人や60才から65才で受給を待機していた人が死亡した場合も遺族の条件によって受け取ることができます。

遺族基礎年金受給の条件

死亡した人

  • 国民年金の被保険者
  • 国民年金の加入を止めたとでも60才以上65才未満で日本国内に住んでいる方
  • 老齢基礎年金を受けている人または受給資格期間を満たしている人(受給権者)

 

遺族

  • 18才到達年度末までの子(1・2級の障害がある子供の場合は20歳未満)を持つ妻
  • 18才到達年度末までの子(1・2級の障害のある子供の場合は20歳未満)

請求の仕方

受給資格がある遺族が「国民年金遺族基礎年金裁定請求書」を住所地の市区町村役場に提出します。請求人が未成年の場合は法定代理人の同意が必要です。請求期限は5年です。

遺族基礎年金の請求に必要なもの

  • 死亡した保険者の年金手帳
  • 戸籍謄本(除籍の記載のあるもの)
  • 住民票を(除籍の記載のあるもの)
  • 死亡診断書
  • 預貯金通帳(年金振込)
  • 印鑑

遺族基礎年金を受給する関連ページ

遺族が受給できる給付金
年金の被保険者・受給者が死亡した時の遺族給付金の種類・金額は様々です
年金受給権者が死亡したとき
年金受給中または待機中の人の死亡時は、未来給付年金請求書と年金受給権者死亡届を提出
遺族厚生年金を受給する
遺族厚生年金は、厚生年金被保険者及び受給権者の遺族が受ける物です
寡婦年金を受給する
国民年金第1号被保険者の遺族である妻が対象ですが、条件がいろいろとあります。
死亡一時金を受給する
国民年金第1号被保険者で3年以上保険料を納め、受給せずに死亡した人の遺族が対象。

ページの先頭へ