遺族が受給できる給付金

加入していた年金の種類と遺族の状況によって給付の内容が異なります。一般的な事例については、図を参考にしてください
納付年数が25年以上あるかどうか役所で調べてもらわなければわからないこともありますから、年金相談の窓口でよく相談の上記入する書類をもらって必要な添付書類を用意するようにします。

 

被保険者とは年金の保険料を納付中の人のことで、受給者とは年金をすでに受けている人のことです。60才から65才で受給待機中の人もいます。受給者と待機中の人は年金の受給権を持っていますから「年金受給権者」と呼ばれます。なお、公務員などが加入する「共済年金」は、会社員の厚生年金に相当する制度で、二階建ての二階部分にあたります。

遺族が受給できる給付金関連ページ

年金受給権者が死亡したとき
年金受給中または待機中の人の死亡時は、未来給付年金請求書と年金受給権者死亡届を提出
遺族厚生年金を受給する
遺族厚生年金は、厚生年金被保険者及び受給権者の遺族が受ける物です
遺族基礎年金を受給する
遺族基礎年金は、国民年金第1号被保険者の遺族が受け取るものです。
寡婦年金を受給する
国民年金第1号被保険者の遺族である妻が対象ですが、条件がいろいろとあります。
死亡一時金を受給する
国民年金第1号被保険者で3年以上保険料を納め、受給せずに死亡した人の遺族が対象。

ページの先頭へ