年金に関する届け出記事一覧

遺族が受給できる給付金

加入していた年金の種類と遺族の状況によって給付の内容が異なります。一般的な事例については、図を参考にしてください納付年数が25年以上あるかどうか役所で調べてもらわなければわからないこともありますから、年金相談の窓口でよく相談の上記入する書類をもらって必要な添付書類を用意するようにします。被保険者とは年金の保険料を納付中の人のことで、受給者とは年金をすでに受けている人のことです。60才から65才で受...

年金受給権者が死亡したとき

老齢年金を受けている人や年金受給待機中の60才から65歳とか死亡した時は、年金受給権者死亡届を市区町村役場か社会保険事務所(年金の種類による)へ提出します。未支給年金請求書がセットでつづられているのですでに老齢年金を受けている人で未支給分がある場合、遺族は同時未支給分(死亡月の分まで)の請求ができます。待機中の受給権者が死亡した場合は、死亡届のみを提出します。老齢年金には、国民年金による老齢基礎年...

遺族基礎年金を受給する

国民年金のみに加入していた人(国民年金第1号被保険者)の死亡時、本にまたは遺族の条件によって遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のいずれかを受け取ることができます。遺族基礎年金は、老齢基礎年金をすでに受けていた人や60才から65才で受給を待機していた人が死亡した場合も遺族の条件によって受け取ることができます。

寡婦年金を受給する

 国民年金第1号被保険者である夫が死亡した場合に、18才未満の子供のいない妻(この場合は内縁関係も含まれる)へ、60才から65歳になるまで支給されるのが「寡婦年金」です。支給される金額は、夫が受けられたであろう老齢基礎年金の額の4分の3です。

死亡一時金を受給する

国民年金第1号被保険者が3年以上保険料を納めていて、老齢基礎年金も障害基礎年金の受給することなく死亡した時、その遺族に支給されるのが死亡一時金です。この一時金は、受け取る人の年齢や収入に関係なく支給されます。

ページの先頭へ