死亡保険金の請求

死亡した人が保険に加入していた場合、保険会社に連絡をして保険金支払い手続きをしてもらいます。

 

特殊な例

被保険者が保険契約をしてから1年(2、3年の会社もある)以内に自殺した場合や、病気を隠して加入していた場合、災害で死亡した場合には、保険金が支払われないこともありますから、保険会社に問い合わせを行います。

  • 死亡保険金の請求に必要なもの
  • 保険証券
  • 死亡した人の戸籍謄本
  • 受け取り人の印鑑証明書
  • 受け取り人の戸籍謄本
  • 死亡診断書(保険会社所定の用紙または医師の診断書)

事故や交通事故で死亡した場合には、「事故状況報告書兼事故証明書」も添付し、交通事故の場合は「交通事故証明書」も提出します。

保険金と税金

保険料を負担していた契約者が誰か、死亡した被保険者は誰か、保険金の受け取り人が誰かによって、死亡保険金にかかる税金の種類は異なります。

 

受け取り人が未成年の場合は、親権者または後見人が代理で請求しますが、代理請求書の印鑑証明書と、受取人と代理請求書の関係がわかる戸籍謄本が必要です。

 

生命保険の死亡保険金は死亡した人の遺産とみなされ、相続問題に大きく関係してきますので注意が必要です。各税務署の「税務相談室」または税理士に相談すると良いでしょう。

 

死亡保険金の請求関連ページ

国保や健保で葬祭費・埋葬料を受給する
自分で申請をしない限り受け取ることができません
高額療養費支給の申請
自己負担限度額は、年齢、所得等によって算出方法や金額が変わってきます
労災保険で遺族補償年金・埋葬料を受給する
業務上或いは通勤災害で死亡した場合、業務が原因で死亡した場合が対象です。
自賠責保険の請求
交通事故の場合、自賠責保険の支払いを受けられます
事故等による死亡保険金の請求
事故等による死亡保険金の請求の場合詳細な死亡証明書や事故証明書等、一般の請求よりも提出書類が多くなります
簡易保険による死亡保険金の請求
簡易保険は全国の郵便局で手軽に加入でき、職業による介入制限のない保険です
団体保険の死亡保険金の請求
団体保険等の会社等で団体契約している。保険の保険金を受け取る手続きは、団体を通じて行います。

ページの先頭へ