国民健康保険の加入者

国民健康保険に加入していた人が死亡した時、その葬儀を取り行った人に葬祭費が支給されます。申請があって初めて支給されるものです。申請期間は葬儀を行った日から2年以内です。支給額はおよそ2万円から8万円程度で自治体によって異なります。別の名目で補助金等が支払われる自治体もあるので、役所へ問い合わせます。

 

申請先は死亡した被保険者の住所地の市区町村役場で、申請者は葬儀を行った人であれば、必ずしも親族でなくても良いことになっています。すでに役所の戸籍課に死亡届が出ていることが申請の前提になります。

健康保険の加入者

被保険者が教務外の理由で死亡したときには、埋葬を行った家族に故人の標準報酬月額の1ヶ月分(最低10万円、最高98万円)が埋葬料として支給されます。

 

被扶養者となっている家族が業務外の理由で死亡した時は、被保険者に家族埋葬料として一律10万円が支給されます。によりのない被保険者が死亡した場合で、家族以外の人が埋葬行ったときには、埋葬料の範囲内で埋葬にかかった実費(埋葬費)が支給されます。

葬祭費・埋葬料(費)の受給に必要なもの

「埋葬料」の請求は、健康保険埋葬料請求書に死亡証明する書類(死亡診断書等)添えて、勤務先か社会保険事務所に提出します。かかった実費である「埋葬費」請求の場合は、これに葬儀費用の領収書も添付します。請求権は、埋葬料の場合には死亡した日の翌日から2年、埋葬費は埋葬行った被の翌日から2年で請求権が消滅しますので、注意しましょう。

労災と健康保険・埋葬費とは

労災と健康保険
業務上や通勤途中の出来事が原因で亡くなった時には、労災の認定を申請します。労災で亡くなった人の遺族は、健康保険からではなく、労災保険から「埋葬料」と「遺族補償年金」を受け取ります。

埋葬費とは
棺代、霊柩車代、霊柩車運搬人夫費、火葬料または埋葬料、葬式の際の供物代、送料への謝礼、祭壇一式料を指し、葬儀の際の飲食接待や香典返しの費用は認められません。

国保や健保で葬祭費・埋葬料を受給する関連ページ

高額療養費支給の申請
自己負担限度額は、年齢、所得等によって算出方法や金額が変わってきます
労災保険で遺族補償年金・埋葬料を受給する
業務上或いは通勤災害で死亡した場合、業務が原因で死亡した場合が対象です。
自賠責保険の請求
交通事故の場合、自賠責保険の支払いを受けられます
死亡保険金の請求
死亡保険金の請求は希望日から2ヶ月以内をめどに手続きをします。3年で請求権を失効する場合もあります
事故等による死亡保険金の請求
事故等による死亡保険金の請求の場合詳細な死亡証明書や事故証明書等、一般の請求よりも提出書類が多くなります
簡易保険による死亡保険金の請求
簡易保険は全国の郵便局で手軽に加入でき、職業による介入制限のない保険です
団体保険の死亡保険金の請求
団体保険等の会社等で団体契約している。保険の保険金を受け取る手続きは、団体を通じて行います。

ページの先頭へ