保険に関する届出記事一覧

国保や健保で葬祭費・埋葬料を受給する

国民健康保険に加入していた人が死亡した時、その葬儀を取り行った人に葬祭費が支給されます。申請があって初めて支給されるものです。申請期間は葬儀を行った日から2年以内です。支給額はおよそ2万円から8万円程度で自治体によって異なります。別の名目で補助金等が支払われる自治体もあるので、役所へ問い合わせます。申請先は死亡した被保険者の住所地の市区町村役場で、申請者は葬儀を行った人であれば、必ずしも親族でなく...

高額療養費支給の申請

故人の病気療養中にかかった医療費のうち、国民健康保険・健康保険を利用した場合の自己負担額が一定額を超えた場合は、その超えた分のお金が2段階に分けて払い戻しれます。高額療養費の支払い請求によって超過分を払い戻してもらい、次に所得税の確定申告で医療費の控除を受けます。医療費控除は、生計を同じくする親族が医療費を支払った場合はその親族の確定申告で、死亡した本人が支払った場合は故人の準確定申告で控除します...

労災保険で遺族補償年金・埋葬料を受給する

教務災害または通勤災害で死亡した場合、死亡した人の収入によって生計を維持していた遺族には遺族補償年金が支給されます。この場合、一部でも一家の整形に貢献していれば良いのです。共働きやっても支払われます。遺族に遺族補償一時金が支給されるケースもあります。このほか、特別支給金300万円も支給されます。遺族に対する給付内容1人の場合 給付基礎日額の153日分*55才以上の妻または一定障害の妻の場合は175...

自賠責保険の請求

加害者が保険会社に請求しますが、被害者の遺族等が加害者の保険会社に請求することもできます。加害者が被害者に損害賠償金を支払った後に自賠責保険に請求する場合の請求期限被害者や病院に損害賠償金を支払ってから2年以内。被害者から加害者の自賠責保険に請求する場合の請求期限事故があった日から2年以内。ただし、死亡した場合は、死亡した日から2年以内、後遺障害が生じた場合は後遺障害の症状が固定した日から2年以内...

死亡保険金の請求

死亡した人が保険に加入していた場合、保険会社に連絡をして保険金支払い手続きをしてもらいます。特殊な例被保険者が保険契約をしてから1年(2、3年の会社もある)以内に自殺した場合や、病気を隠して加入していた場合、災害で死亡した場合には、保険金が支払われないこともありますから、保険会社に問い合わせを行います。死亡保険金の請求に必要なもの保険証券死亡した人の戸籍謄本受け取り人の印鑑証明書受け取り人の戸籍謄...

事故等による死亡保険金の請求

不慮の事故で死亡した場合には、事故の状況を報告する証明書を添付しなければなりません。交通事故の場合には、「交通事故証明書」も提出します。勤務中の事故は、勤務先の代表者や労災担当責任者の証明が必要となります。

簡易保険による死亡保険金の請求

簡易保険に加入していた被保険者が死亡した場合、遺族は最寄りの郵便局で死亡保険金の支払いを請求します。簡易保険の死亡保険金の請求に必要なもの保険証書被保険者の生年月日・性別を証明する書類:各種健康保険被保険者証・住民票を記載事項証明書等死亡の事実を証明する書類:死亡診断書等請求者が正当な権利であることを確認できる書類:運転免許証・学習健康保険被保険者証等死亡原因が不慮の事故だった場合には、それを証明...

団体保険の死亡保険金の請求

会社勤務の人が死亡した場合、会社が契約者となる団体保険から保険金が支払われることがあります。その場合は会社の担当者から連絡があるので、必要書類を取りそろえて会社を訪問し、保険金請求書に必要事項を記入します。受取人が契約者(会社)の場合と、受取人が遺族の場合がありますので、記入の際はよく注意します。書類は、契約者(単体)を経由して保険会社に提出されます。

ページの先頭へ