死亡診断書(死体検暗書)

法律では、死亡した事実を知ってから7日以内(国外で死亡した場合には3ヶ月以内)に親族や同居者等が死亡届を提出することが定められています。しかし、死亡届が受理されないと火葬許可証が交付されないため、死亡した当日か翌日には届けるのが通例です。

 

死亡届の用紙は死亡診断書と一対になっています。病院や自宅で老衰や病気が原因で亡くなった場合は、死亡を確認した医師が死亡診断書を作成するので、「死亡したときに」[死亡したところ」を転記しながら死亡届を記入します。

 

もしも事故死や変死、自殺だった場合は、警察の監察医によっても検死が行われ、「死体検案書」が作成されます。

 

提出先は、死亡者の死亡地か本籍地、または届け出人の住居地のいずれかの市区町村役場です。役所では、休日・祭日・夜間を問わず受け付けています。代理人が提出する場合は、届け出人と代理人の印鑑を持参します。

出産前後の死亡届出る際に必要なもの

妊娠4ヶ月以降の胎児を死産したときには、死産を確認した医師か助産婦に死産証書(または死胎検案書)の作成を依頼し、死亡届に添付して提出します。 生後間もなく死亡した時は、まず出生届を提出してから、死亡届を提出します。

死亡診断書(死体検暗書)関連ページ

臓器提供・献体の仕方
臓器提供意思表示カード(ドナー・カード)で臓器提供の石表示をすることによって、脳死の判定英語に臓器を他人に提供することができます。
死体火葬許可証・埋葬許可証
死亡届を提出する際、通常は、死体火葬許可証交付申請書も同時に役所へ提出します。
住民異動届(世帯主変更届)
世帯主が死亡した場合、14日以内に住民票のある市区町村役場に世帯主変更の届け出をしなければなりません。
印鑑登録の申請
市区町村役場に登録した印鑑を「実印」といいます。登録すると、その印鑑が「実印」であることを証明する「印鑑登録証明書」を発行してもらうことができます(有料)。
復氏届で元の姓に戻る
配偶者が死亡すると、死亡した人との婚姻関係は解消されますが、残された配偶者が現在の生徒旧姓のどちらを選ぶかは、本人の自由意志に任されています。
子の氏の変更許可申し立て
親と子の性を同じにし、同じ戸籍に入れる時の手続きです。
婚姻関係を終了させる
死亡した配偶者の遺産相続、子供とその配偶者の親族との関係は変わりません。
解約・喪失の届出
リストを作って速やかに手続きをしないと自動引き落としになるものもあります。
供養と納骨
葬儀が終わると、四十九日を忌中とします。これは、死者の霊がその期間はまだ家にいると考えられているからです。神式では50日が節目です。

ページの先頭へ